インド、独自通貨発行の可能が性浮上

Bitcoinのような暗号通貨がインドで人気を集めている。政府主導による独自の暗号通貨を発行する可能性がある。

ビジネススタンダードの報告で、政府関係者の話によると、インドルピーの代わりに、インド独自の暗号通貨の提案を議論するための委員会が設置されたという。

報告書では、政府の暗号通貨は「ラクシュミ(Lakshmi)」と命名する可能性が高い。

水曜日、リザーブ銀行の執行議長Sudarshan Sen氏は、中央銀行はBitcoinのような非平等な暗号通貨に慣れていないと言い、独自の暗号通貨を発行するかもしれないと示唆していた。「今、私たちは、暗号通貨の暗号を解読するグループを持っています。言いたいことは、インドのルピーに代わるものです。私たちはそれを研究しています。」とSen氏は述べた。

この新しい暗号通貨の導入には、通貨法の改正が必要となる場合がある。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '184.72.143.94');