カカオトーク暗号通貨事業に参戦

暗号通貨の取引は、今はそれほど難しく無い。事実すべての国で取引プラットフォームがある。しかし必ずしもすべての人々に普及しているわけではない。韓国では、競争が過熱している。カカオは株取引アプリと一緒に暗号通貨の交換を開始するようだ。取引は2億人以上のユーザーが使用するモバイル・カカオトークアプリを通じて行われる。

モバイル暗号通貨取引プラットフォーム間の競争は好ましい。多くの消費者はより多くの利便性を望んでいる。モバイル・ソリューションに焦点を当てることは、企業にとっては非常に意味がある。同社のカカオ・ストック・アプリは、韓国で非常に人気がある。これは、国内でもトップクラスのモバイル株取引アプリケーションの1つだ。それがカカオトークをベースにしていることを考えれば、それはかなり意味がある。しかし、暗号通貨の交換ベンチャーの立ち上げはそれほど簡単ではない。

ストック・アプリを通じて、カカオトークユーザーはメッセージング・エコシステム内から株を購入することができる。さらに、彼らはリアルタイムに株価も受け取ることができる。このサービスのために追加の取引手数料は発生しない、そこはかなり重要なポイントだ。今後、暗号通貨取引は同様の方法で動作すると考えられている。Bitcoin、Ethereumなどの通貨をサポートする。親会社のスマートな動きは、数ヶ月間取引所で働いていたからだ。

この新しい暗号通貨取引がどのように受け取られるのか興味深い。同社のカカオ・ストック・アプリはこれまでに多くの賞賛を受けている。これまでの月間アクティブ・ユーザー数は30万人を超えている。その取引量は1兆2,000億ウォンを上回った。このことは、既存のカカオトークユーザーにこのような機能を持たせることは、大きな影響を及ぼすことを示している。私たちは、暗号通貨取引で同様の結果を見ることを願っている。しかし、現時点で成功の保証はない。韓国ではBithumbやCoinoneなど、すでにいくつか先行している取引所がある。

しかし、親会社は大きな影響を与えれると感じている。カカオトークは国内で最も人気のあるソーシャル・メッセージング・アプリで、新しい機能の統合は常に高く評価されている。一部のユーザーは試してみて、今後もそれを使い続けることを願っている。現時点では、このプラットフォームにはカカオのブランド名はないが、近い将来にその状況は変わるだろう。残念ながら、このプラットフォームの正式リリース日の発表はない。それでも、このような人気を集めているブランドが、暗号通貨交換事業に着手することは非常に興味深い。これは、BitcoinとEthereumがさらに前進する好材料になるだろう。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '184.72.143.94');