ソニー、ブロックチェーン技術を使った特許を出願

ソニーは、新しい特許出願によると、ユーザのログインシステムにブロックチェーン技術の採用しようとしている可能性がある。

10月26日に米国特許商標庁からリリースされたこの文書では、マルチファクター認証システム(MFA)の一環として、電子機器メーカーが2つの異なるブロックチェーンプラットフォームを相互に組み合わせて使用​​する方法について説明している。

MFAシステムは、Webサイトやプログラムにログインするための2つの異なる資格情報をユーザーに与えることによって機能する。ユーザーが標準のユーザー名とパスワードを入力すると、認証トークンによってコードが生成される。このコードはアクセスのために入力する必要がある。アイデアは、攻撃者がユーザーのパスワードを得ることができる一方で、通常はトークンにアクセスすることもできないため、ログインごとに異なるコードが生成されるということだ。

ソニーのアプリケーションによれば、提案されているブロックチェーンプラットフォームの1つはこれらの認証コードを作成し、もう1つはプラットフォームを介してトランザクションをコミットしようとするユーザーの身元を確認するためにそれらを受け取る。可能な取引には、アプリケーションによる、データ「移転、契約生成、資産移転」が含まれる。

特許出願に記載されている作業が、以前に開示されたソニーのブロックチェーンとの作業に匹敵するかどうかはまだ分からない。

今年の初め、ソニーはIBMと共同で開発し教育プラットフォームを発表している。これは来年に発売する計画だ。このプラットフォームは、ステークホルダーに透明性を提供できるという考えのもとに、学生の記録を安全に保存するためにブロックチェーンを使用する。

今回の特許に関する詳細はこちらから見ることが出来る。(英語)

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '54.144.84.155');