ロシア 石油より暗号通貨に夢中!

モスクワ郊外の倉庫にてドミトリー・マリニチェフ氏は、暗号通貨のための採掘作業では、棚に積み重ねられた何百ものコンピュータの騒々しいなかで語ってくれた。

ウラジミール・プーチン大統領のインターネット問題の顧問も務めている42歳の起業家マリニチェフ氏は、「これまで慣れてきた通貨の形態は消えようとしている」と予測している。

マリニチェフ氏は、ソビエト時代の自動車工場に所在する、サッカー場よりも広い、この施設の操業を支えているロシアの主要な暗号ビジネスマンの一人であり、顧客の口座に仮想通貨を集めている。

個人やマリニチェフ氏のような企業は、世界の仮想通貨取引を記録する、いわゆるブロックチェーンを運営するための計算力を提供している。そのサービスを提供する代わりに、仮想通貨を支払いとして受け取る。そのプロセスを「マイニング」と呼ぶ。

このマイニングはロシアでも人気が高まっているため、国内のコンピュータストアではゲーマー用に開発されたグラフィックカードとビデオカードがなくなり、ビットコイン採掘によって家庭用コンピュータの処理能力が向上しています。

マリニチェフ氏は今週、より洗練された設定を発表した。投資家はマイニングクラブに加入し、彼のスタートアップを通じてマルチクレットというロシアの採掘用チップを開発するために1億ドルを投じた。

長い冬の恩恵

29歳のコンピュータ科学者であるセルゲイ氏は「仮想通貨バブルにより、マイニングは専門的な活動をするには十分な利益を上げています。」と語り、彼が働いている同社の電気グリッドに接続された数十枚のグラフィックスカードを運営している。

採掘作業の組立は簡単ではあるが、多量の電力を消費するため、数世帯の必要量に達する可能性がある。

マリニチェフ氏が投資家のためのパンフレットで説明するように、ロシアは鉱業の環境として競争上の優位性を持っている。電気代は1kwはわずか1セントで、長い冬は冷却システムに節約でるのである。

仮想通貨は「悪」ではない

ロシア当局は仮想通貨を疑っていたが、今はそれを力として認識するようになった。この秋、国の暗号通貨の所持と創造を規制することを目指す新しい法案が議論される予定だ。

仮想通貨の法的基盤はこれまでロシアでは存在しておらず、ハッキングやダークウェブでドラッグを購入するなどの不正行為と同等のものとみなしていた。

「現在、仮想通貨は絶対的な悪ではなく、特に経済にとって良いことであるという理解が、ロシアでも一般化してきた。」とマリニチェフ氏は述べた。

暗号通貨市場は常に高い水準にありますが、世界的に市場はまだ若く、市場は不安定です。例えば、Bitcoinは6月中旬から7月中旬にかけてその価値の3分の1に下落し、1週間のうちにそれを回復しました。それ以来、定期的に記録を更新している。

今夏のモスクワのいくつかのカフェやレストランは仮想通貨での支払いを受け入れ始めたようだ。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '184.72.143.94');