世界で過熱するブロックチェーンテクノロジーサービス

サービスとしてのブロックチェーンテクノロジー

Blockchain Revolution 2016の著者であるDon&Alex Tapscottは、金融取引だけでなく事実上すべての価値を記録するようにプログラムすることができると言い。経済的取引が腐敗しないデジタル元帳としてブロックチェーン技術を定義している。

ブロックチェーンとは、暗号通貨のトランザクションのすべてを台帳、またはリスト、で、ビットコインや他の暗号通貨の基礎となる技術である。

今後数年間で、ビジネスインサイダーのプレミアムリサーチサービスであるBLインテリジェンスは、企業がブロックチェーンのIoTソリューションを完成させることを期待している。しかし、いくつかの企業がブロックチェーン技術をサービスとしてリリースしているので、見ていくとしよう。

IBMブロックチェーンテクノロジー

IBM Blockchain は、高度に保護された共有、複製された元帳を使用してトランザクション・ワークフローを電子化できるようにする。これは、ユーザーが安全なブロックチェーンネットワークを構築するために使用できるパブリッククラウドサービスである。

IBM Blockchainは、The Hyperledger Projectに参加して、以前のフォームのブロックチェーンを発展させ、改善したものだ。
IBM Blockchain プラットフォームは、マルチ・ファシリティ・ビジネス・ネットワークの開発、ガバナンス、および運用を促進するために設計された完全に統合されたエンタープライズ対応のブロックチェーン・プラットフォームである。

IBMは、ブロックチェーン製品がネットワーク内で発生するすべての活動を追跡するための監査可能な方法で構築されていると主張している。

Microsoft Azureブロックチェーンテクノロジー

Microsoft Azureは、サービスとしてのBlockchain(Azure)で、コンプライアンスが最大のクラウドプラットフォームに基づいて、新しいビジネスプロセスを試すことで、企業が迅速かつ低コストで低リスクかつ高速なプラットフォームを提供すると主張している。

Microsoft Azureは、オープンで柔軟性がありスケーラブルなプラットフォームとして、セキュリティ、パフォーマンス、および運用プロセスに関する特定のビジネス要件および技術要件に対応する分散型レジャーテクノロジを急速にサポートすると主張している。

また、Cortana Intelligenceなどのインテリジェントなサービスは、他のプラットフォームとは異なり、独自のデータ管理および分析機能を提供できると主張している。

Amazon AWSブロックチェーンテクノロジー

Amazonは文字通りどこにでもある。このテクノロジーの巨人は、不動産から食料、薬局、さらにはブロックチェーン技術に至るまで、世界のあらゆる経済的インターフェースに深い入り込んでいる。

電子商取引の大手Amazonによって運営されているAmazon Web Services(AWS)は、2016年に投資会社の Digital Currency Group(DCG)と提携して企業向けの実験環境としてのブロックチェーンを提供した。

DCGのポートフォリオのブロックチェーンプロバイダは、金融機関、保険会社、エンタープライズテクノロジ企業などの顧客との安全な環境で業務を行うことができるように、このようなサービスを提供することを期待しパートナーシップを築いた。

AWSの世界的な金融サービス事業開発責任者であるScott Mullins氏によると、AWSは金融機関やブロックチェーンプロバイダーと協力して革新を推進し、摩擦のない実験を促進している。

R3 Corda ブロックチェーンテクノロジー

分散型の元帳技術の力がネットワーク効果にあることを認識したR3は、業界と協力して、金融市場でその種のコラボレーショングループ(約100の金融機関)を構築した。

R3 Cordaは、企業がブロックチェーンのようなアプリケーションを構築するためのAPIとコードを提供する。金融業界向けに特化された分散型元帳プラットフォームであり、既存のグローバル金融市場における効率を高めることを目指している。Cordaでは、参加者は中央当局の必要性なしに取引することができ、摩擦のない商取引の世界を作り出すことができる。

Cordaは、銀行、保険会社、ファンドマネージャー、および他のプレーヤーの間で、金融市場におけるブロックチェーン技術の使用に取り組むことを表明している。

CoinDeskの報告によると、日本の金融大手のみずほグループは、Cordaを使って、信用状や請求書などの文書を電子化しようとしているが、これは不正行為を減らし、透明性を高める。

最近、R3は2年の歳月をかけCordaのバージョン1.0を、コンソーシアムに100人のメンバーの半分以上からのコード寄稿と、1億ドル以上の資本調達し、リリースした。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '54.144.84.155');