世界各国でブロックチェーン開発が進む(1)

独裁政権の一部で、国の暗号通貨とブロックチェーンの開発が増えている。ベラルーシ、シンガポール、ロシア、中国は、近年、国有バーチャル通貨の開発と発行に向けて重要なステップを踏み出した。

先月、ベラルーシの中央銀行が、銀行部門へのブロックチェーン技術の導入、そして国の金融システムにおけるブロックチェーンの将来の適用計画を発表した。ベラルーシの中央銀行は、初めにブロックチェーン技術が国境を越えた情報伝達の基礎として使われることを明らかにした。「銀行保証登録制度の新しい仕組みは、ユーラシア経済連合(アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、ロシア)加盟国の経済主体が政府調達の手続きに相互にアクセスできるようにするものであり、ベラルーシはそこから証券の発行と中央管理国家のスマートコントラクトネットワークの開発を基礎としてブロックチェーン技術を利用する予定である。

一方、ロシアの副首相は最近ロシアの代表的な銀行によって国民を監視し厳密に制御できる暗号通貨を開発するため、彼をサポートすると述べた。ロシアはまた、中央集権型のスマートコントラクトの開発を検討しており、政府職員は今年初めにイーサリアムの共同設立者であるビタリック・ブテリンと直接会談している。

中国は同様に、国有分散型台帳技術のアプリケーションを模索しており、以前はファクトムとパートナーシップを組んで、中国のスマートシティプロジェクトの効率を高める計画を​​立てている。

また、シンガポールはDeloitteと協力して試験的プロジェクトを成功裏に完了した。今年初めに分散台帳技術を使ってシンガポールドルを発行したことが分かった。

現在の国際的な流れは、分散台帳技術が権威主義的政府に対して非常に魅力的であることを示唆している。これは、敵対的政権がブロックチェーン技術の国家管理版を引き続き開発し続ける可能性が高いことを示す。この傾向は、Transnistria、Donetsk、およびOraniaが、経済発展とガバナンスの構造が不十分で失敗した場合の迅速な対応として、仮想通貨技術を採用することを奨励している。

リベラル国家はこの傾向に反しており、中央管理されたブロックチェーンの開発に向けて動き出しており、エストニアは最近、世界で初めて政府支援のICOを開始する計画を発表した。しかし、大多数のリベラル周辺の国々は、暗号化技術を利用したアプローチに慎重な姿勢を取っているように見える。集中管理された分散型台帳技術によってもたらされる潜在的な効率化を認識したにもかかわらず、ブロックチェーン技術を開発しようとする民間ベンチャーを監視し規制することを模索している。

もう少し書いていきたいが、少し長くなるので、この辺で終わる。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '184.72.143.94');