世界各国でブロックチェーン開発が進む(2)

中国の中央銀行はデジタル化を進めている。

2014年に研究チームを組織した後、中国人民銀行はプロトタイプの暗号通貨を試作した。それは、麺の購入から車の購入まであらゆるものに使用できるデジタルマネーを発行する。

スマートフォンやラップトップで取引するユーザーの場合、中国人民銀行で暗号化された通貨はおそらく、AlipayやWeChatなどの既存の支払い方法と大きく異なるとは思われていない。しかし、売り手にとっては、バイヤーから直接デジタル決済を受けることになり、仲介人がそのプロセスから切り離されるため、取引コストが削減される。

中国人民銀行は、独自の機能を構築すると同時に、ビットコインやその他の民間デジタル入札の精査を強化している。

中国人は、ほぼすべてについてオンライン支払いを受け入れている。通勤中喉が渇いてコーラを購入するには、コインを自動販売機に送り込むのではなく、スマートフォンでQRコードをスキャンする。旧正月の会合では、鮮明な赤い封筒に手書きされたお年玉の代わりに、スマートフォンでお金が交換される。

そのすべてが、デジタル領域と物理領域の両方を中央銀行として中国人民銀行の地位に挑戦している。もしそれらを打ち負かすことができない場合は、それらに参加するしかない。

国内最大のビットコイン取引所であるOKCoinの副社長であるダン・シンシン(Duan Xinxing)氏は、「銀行の貸し出し量、所在地、信用創出のペースをより正確に知ることは、マネーロンダリングを抑制し、。デジタル通貨を発行することで、中国人民銀行が金融システムのリスクを監視し、経済全体の取引を追跡することが容易になる」と同氏は述べている。

OKCoinは、最近、資本流出を抑制しようとする努力の中で、ビットコインの引き出しを止めるための措置をとった暗号通貨の交換所だ。

2016年1月、中国人民銀行は独自の暗号通貨を「すぐに」と発言したが、正式な開始日はまだ発表されていない。その間、中国人民銀行の副総裁の一人であるファン・イーフェイ(Fan Yifei)をはじめとする上級職員から強い支持があった。

中国人民銀行は、デジタル通貨をリードする

現金から逃れるのは中国だけではない。昨年末、インドのナレンドラ・モデー首相は、腐敗を標的とし、デジタル決済の利用を促すため、入札の際に86%の紙幣を撤去した。カナダ銀行、ドイツ銀行、シンガポール通貨当局が  デジタル通貨の調査を行っている。

14億人の国、特に流通や取引を管理するためのコスト、つまりお金を印刷して偽造紙幣対抗することは非常にコストがかかる。流通している現金にデジタル通貨を追加することで、取引の速度、利便性、透明性を向上させることができる。

香港のCFAインスティチュート(CFA Institute)のコンテンツ担当ディレクター、ラリー・カオ(Larry Cao)は次のように述べている。「コスト削減は明らかな利点ですが、ブロックチェーンベースでのデジタルマネーへの移行は現在の決済の構造から外れている。「システム、銀行、およびあらゆる商売に、直接支払う可能性がある。ブロックチェインはインフラ全体を変えるでしょう。これは革命的なことだ」

ブロックチェーンは、基本的にユニットの各回覧の支払い履歴を含むデジタル元帳である。中国人民銀行のバージョンが広く採用されている場合、銀行やAlibaba系列のAlipay、TencentのWeChatなどの既存の仲介機関に挑戦することになる。

PwC中国のリスク保証パートナーであるウィリアム・ジー氏は、「銀行と決済会社は消滅するとは言わないが、その役割は確実に変わるだろう」と述べた。「彼らは新しい支払いエコシステムで新しい役割を見出す必要があり、おそらくこの分野で革新的なビジネスモデルが見られるだろう」

OKCoinのダン氏は、デジタル通貨のビットコインを支える技術であるブロックチェーンを使用して、取引を追跡して、「リアルタイムで完全かつ本物の」データを収集できると述べた。

さらにダン氏は、「全国の経済活動の透明性が大幅に向上するだろう」と述べた。中央銀行は、経済がどのように動いているかについて、これまでにないほどの知識を持っている。

したがって、毎月の企業調査や統計機関からの支出の照合に頼る代わりに、中国人民銀行と政府は消費者の脈打ちをリアルタイムで読み取ることになる。金融管理にはこれまでにないレベルの精度を与えることができるため、毎日、時給単位で法律を細かく調整することができる。

昨年の中国人民銀行の研究論文では、デジタルマネーがどのように機能するかを概説しました。

  • 中国人民銀行は暗号通貨を作成し、より流動性が必要な時に商業銀行に転送する。
  • 消費者は、変更されたATMまたは銀行窓口からデジタル通貨を引き出し、携帯電話または他のデバイスの暗号通貨ウォレットに保管する。
  • 購入の場合、消費者は自分のウォレットから売り手の口座につながる。
  • 商人は、商用銀行口座に暗号通貨を預託する

OKCoinのダン氏は、「今、デジタルマネーの影響について話すことは、1980年代にインターネットがどのように人生を変えるかを予測しようとしているようなものだ。経済インフラ全体を変える可能性があることは分かっており、いつ、どのようにすればよいのか現段階では分からない」と述べた。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '184.72.143.94');