中国、暗号通貨の勢いを止められず、ライセンス制度の導入を検討

中国政府は、今後、取引管理とマネーロンダリング防止システムを導入して、今後数ヶ月に暗号通貨取引を再開する可能性が高い。

今週の初め、中国のニュース新華社は、中国政府は暗号通貨が裏社会にとって “最高の選択肢”となっていることを強調し、ライセンス制度と厳格なマネーロンダリング防止システムを導入して市場を規制するための適切な措置を講じることを明らかにした。

先月、中国政府、中国人民銀行、地元の金融監督当局は、全国的に暗号通貨の交換を禁止した。その結果、ビットコインの価格は3,000ドルにまで下がり、暗号通貨市場は大きな乱れた。それ以降、中国の取引量の大半が日本や韓国などの近隣市場に移ったことで、世界の暗号通貨市場が再編された。さらに、日本政府は今月、11回の仮想通貨交換業者を正式に承認し、効率的かつ十分に規制された。その結果、ビットコインの価格は40万円後半まで回復した。

しかし、中国政府の暗号通貨交換の禁止は、店頭市場やLocalBitcoinsなどのピアツーピア取引プラットフォームの取引量の増加につながった。中国政府にとって、このような傾向は、取引管理とマネーロンダリング防止は政策の主要な懸念事項である。なぜなら、トレーダーは現在、中国当局の支配と関与なしに、中国の元金を交換して中国元金を交換することができるからである。

以前は、BTCC、OKCoin、Huobiなどの規制された中国の暗号通貨取引プラットフォームがあると、中国の暗号通貨交換市場内の企業が採用した取引管理およびマネーロンダリング防止システムを通じて、中国人民銀行によって圧倒的多数の暗号通貨取引が監督できていた。現在、中国政府は、地方当局の手の届かない市場で処理されているため、暗号通貨取引を規制することができない。

日本と同様のライセンス制度を検討

政府が暗号通貨に関わる犯罪行為に対して、厳しい罰則を課すためには、政府が支払いを監督し、暗号通貨利用者の身元を明らかにするためのインフラが必要だ。

ニュース新華社は次のように述べている。中国の暗号通貨交換の禁止は、中国政府が取引プラットフォームの記録保管、ライセンス、マネーロンダリング防止システムなどの方針を示すまでの一時的なものに過ぎない。

また、香港などの海外の外為市場の専門家や経営幹部は、暗号化交換の禁止は、中国の投資家が暗号通貨に投資するのを妨げていないと述べた。

TideBitの親会社の最高執行責任者は、「中国政府が暗号通貨取引を禁止していても、中国の投資家が暗号通貨を買うのを止めることはできない。ここ数週間、TideBitで多くの中国人がアカウントを開設している。彼らはまだゲームをしたい。彼らは暗号通貨を購入する為に香港やシンガポールに来る。ニーズの高まりを感じて欲しい」と述べた。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '184.72.143.94');