中国、ICOに続き、取引所の閉鎖を検討

中国の新聞社のアナリストらによると、中国での暗号通貨取引を中止する予定であるとの報じた直後に、Bitcoinは大幅に下落した。

オンラインファイナンス活動を監督するクロスレギュレーター委員会に近い筋によれば、中国当局は中国の主要なビットコイン取引を閉鎖する予定だと述べた。

中国ではつい最近スタートアッププロジェクトの資金調達のための、いわゆるICOを禁止した。暗号通貨取引プラットフォームBitMEXの事業開発マネージャーであるGreg Dwyer氏は、ICO禁止措置の後、中国が実際にビットコイン取引を終了するかどうかについて混乱が生じていると述べた。

「これが真実だと判明すれば、売り傾向が進み、ビットコインと中国人民元の取引が停止する可能性があることを意味する。この週末にさらに悪影響を及ぼす可能性がある」と付け加えた。

BitcoinはBitStampプラットフォーム上で4,227ドルの最低価格に下がり、最終的に6.5%下落して4,314ドルで取引された。

8年間の歴史の中で、ビットコインは毎日18%増、13%減となっている。しかし、ビトコインは今年、約346%上昇している。

香港に本拠を置くブロックチェーンベンチャーキャピタル会社のジェン・アドバイザーのパートナーであるJehan Chu氏は、中国がビットコイン取引を閉鎖しても、中国における暗号通貨の終結にはならないと指摘し、「中国がただ「一時停止ボタン」を押しているだけだ。」と述べた。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '54.144.84.155');