中国ICOを規制、暗号通貨市場に混乱まねく

中国のメディアは、中国人民銀行がICOの大部分を資金調達法違反となると決定し、9月に予定されていた少なくとも1つの主要な暗号通貨案件の取り消しを促したと報じた。この報告書は、中国におけるICOの拡散を抑制するために策定された。中国人民銀行が規制措置について議論しているという噂は8月下旬に浮上していた。

中国人民銀行は、「90%以上のICOプロジェクトが違法募金や基金詐欺の法律に違反する可能性がある」と判断したとされる

中国メディアの財新網は次のように報じた。中国の規制当局は、資金調達法違反であるICOの提供とみなされていること。中国人民銀行は「90%以上のICOプロジェクトが違法募金や違法行為の法律に違反する可能性がある」と結論付けている。

中国人民銀行の決定は、ICOに対する取り締まりの切迫感を示している。財新網はICO業界を「羊の群れ」に例えて説明した。これは、「群れの主導的な羊」を標的にすると断言し、「群れに従っている人々には免除がある」。 当局は違法なICOを行おうとする個人を追求し、ICOに参加する消費者が法的訴訟の対象にならない可能性があることを示唆している。

財新網は、2017 DACA ブロックチェーン国際サミットの主要な暗号通貨イベントが「突然停止した」と報告している

財新網は、9月2日に予定されていた2017DACA(Decentralized Autonomous Coalition Asia) ブロックチェーン国際サミットが、中国人民銀行の決定を受け、規制が開始する1日前に突然中止すると発表した。財新網は、9月23日に予定されている中国の取引所Huobi主催の2017年グローバル・ブロックチェーン・サミットも延期される可能性を示唆している。

先週、中国の中央銀行は、中国で起こっているすべてのICOの総停止を考慮して、ICOの普及を抑制するための一連の規制措置について議論していると報告された。中国の国家インターネット金融安全技術委員会が作成した報告書によると、65人の中国のICOは2017年に105,000人の市民から約26億元(4億ドル)を調達している。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '184.72.143.94');