仮想通貨交換業、申請許可承認の遅れ。

今月初めにBitcoinとBitcoinのキャッシュに分割しても、ほとんどの企業が徐々に新しい状況に適応しているため、暗号通貨の世界に致命的な結果はもたらされなかった。しかし、フォークは日本の監督当局である金融庁の意思決定プロセスに影響を与えたようだ。

ジャパンタイムズ紙の報道によると、Bitcoinの人気は引き続き高まっているが、金融庁から免許を取得しようとする企業は長い待ち時間に直面している。東京に本拠を置く暗号通貨取引所QuoineのMike Kayamori(栢森)氏は、同社は登録申請を提出したが、評価プロセスには予想以上の時間がかかるようだという。

栢森氏は、8月初めのビットコインの分割を含む最近の動きによって、さらに遅れていると非難した。

金融庁は仮想通貨交換事業者の承認についておそらく慎重なのであろうと、栢森氏は言いました。また、最近のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)のブームも関係している可能性が高いという。

日本の暗号通貨セグメントに影響を及ぼす最新の法律上の変更は、Bitcoinの普及やこの分野における企業の立ち上げにプラス要因となる。しかし、Bitcoinの普及にはいくつかのハードルがある。報告書によると、これには、取引高の増加による取引手数料の増加と暗号通貨トランザクション処理の遅れが含まれているようだ。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '184.72.143.94');