北朝鮮のハッカー、韓国のユーザーの仮想通貨をねらう

CNBCの記事によると、北朝鮮の政府支援のハッカーたちは、経済制裁に対抗する為に韓国の取引所の顧客をターゲットにし仮想通貨を狙っているという報告あった。

ラザロの名で知られているハッキンググループは、いくつかの方法を使用している。
1つの方法は、Coinlink(取引所)のユーザーの電子メールとパスワードを取得すること。

もうひとつは、いわゆるスピアフィッシング攻撃によって行われ、悪意のあるドキュメントを含む電子メールがユーザーに送信される。ユーザーが文書を開くと、悪質なソフトウェアやマルウェアが資格情報を盗む可能性があるという。

他には、2014年にソニーピクチャーズをハックするために使用された方法と、昨年のWannaCryランサムウェア攻撃と類似しているため、人々のコンピュータがロックされ、ビットコインでの支払いを要求される。

日頃から、URLや知らない宛先からのメールには注意が必要だ。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '54.144.84.155');