日本は世界の暗号通貨市場でリーダーになるのか?

中国が暗号通貨を取り締まる計画を進めている中、日本は別の方向性を進んでいる。

ウォールストリートジャーナル紙の報道によると、日本の金融庁は11日、法的に本国で業務を行うために、11社に仮想通貨交換業のライセンスを付与した。

中国は9月の初めに、暗号通貨を利用した資金調達方法であるイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を禁止し、以来、取引所に関する幅広い取り締まりの報告が数多くありました。9月29日には、韓国がICOを禁止する中国と合流した。

ザ・ジャーナルの報道によると、これまでは、日本の規制当局は、ライセンスなしに仮想通貨交換業を行うことを許可してきた。4月には 、法的な支払い方法として、時価総額が最大の暗号通貨であるビットコインが認められた。

日本の動きは、暗号通貨の主要な市場としての国際的な立場を固めるのに役立つだろう。今年の初めには、CoinDeskのデータによると、日本円とBitcoinの間の通貨交換取引量は、中国元の取引量を上回った。

中国は9月4日にICOを禁止して以来、日本はBitcoin取引の最大市場として浮上している。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '184.72.143.94');