暗号通貨の説明(手に入れる・使う)小学生でも わかる暗号通貨

暗号通貨を手に入れるためには、どうしたらいいか説明するよ。

3つの方法があるよ。「買う」「もらう」「働く」

どこで買うと思う?外国ではコンビニでも買えるけど、日本では取引所(とりひきじょ)で買うんだ。例えば、coincheck(コインチェック)や、Zaif (ザイフ)や、bitFlyer(ビットフライヤー)だよ。

お友達が持ってたら、もらう事もできるよ。でも「ちょうだい」って言っても、くれないと思うよ。暗号通貨はお金と一緒だから、「お金ちょうだい」って言ってるのと同じだよ。

お菓子とかオモチャと交換したらいいよ。相手が大人の人だったら、「昨日からご飯食べてないから、ちょうだい」って言うとくれるよ。

あとで、もらいかた(受け取り方)を説明するから楽しみにしててね。

もう一つ、暗号通貨を手に入れる方法があるよ。それはマイナーになって働くことで、もらえるよ。マイナーとは、コインのやりとりを監視(かんし)して、ズルや間違いがないかチェックするんだよ。マイナーになりたい?マイナーになるのは大人でも難しいから、あきらめて!それでも、マイナーになりたいなら、止めないよ。応援する。

それではお待ちかねの、もらい方(受け取り方)や、保存方法を説明するよ。ちょっと難しいけど最後まで読んでね。

お父さんやお母さんは銀行にいく事があるかな?銀行からお金をおろしてきたら、そのお金をどうする?封筒(ふうとう)?タンス?秘密の場所?

でも使うときは、お財布に入れるよね。暗号通貨にもお財布があって、英語でお財布のことを「ウォレット」って言うんだ。

お友達からもらう時も「ウォレット」を使うんだよ。

ウォレットには大きく分けて2種類あるよ。

インターネットに繋がって居る「ホット・ウォレット」と、

インターネットから切り離された「コールド・ウォレット」があるよ。

このイラストでウォレットはお財布だけど、実際はパソコンやスマートフォンで使うんだ。

ホット・ウォレットで人気があるのはbreadwallet(iPhone)他にもたくさんあるから、探してみるといいよ。

コールド・ウォレットはインターネットに繋がってないから、安全だよ。たくさんのコインを持ってたり、長期間つかわない時はこれに入れるといいよ。

代表的なのはTREZOR(トレザー)ってやつで、アマゾンでも買えるよ。今からサンタさんにトレザーが欲しいってお願いするといいよ。ついでにビットコインもお願いしよう。

だいたいわかったかな?よい子のみんな~来年のお年玉は暗号通貨でもらおうね!!

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '54.144.84.155');