Ethereum、ハードフォークは10月16日か?(Byzantium)

コインデスクの記事によると、Ethereumのコア開発者は6日に開催された会議で、次のアップグレードが10月16日に予定されていることを明らかにした。

このリリースでは、Rinkebyテストネットワーク上のメインネット上のブロック番号4370000(10月17日〜)とブロック番号1035301(10月9日〜)のByzantiumハードフォークトランジションが可能になりました。円滑な移行を確実に行うために、これらの日付より前に更新してください。

Ptolemy(v1.7.1)より

Googleハングアウトを使用して開催された会議は、意図しない分裂を避けるためにすべてのEthereumクライアントが一斉にソフトウェアをアップグレードすることを中心に議論された。すべてのノードで一貫してフォークが発生するには、アップグレードに伴う必要Byzantiumへの変更と、新しいコードへの公式移行を示すブロック番号437,000のトリガをクライアントに含める必要がある。

完了すると、ハードフォークは、より少ないデータでネットワークを速くするなど、Ethereumの改善が期待される。さらに、メトロポリスへのアップグレードの2つリリースされるうちの第1弾のByzantiumは、セキュリティ対策を強化し、ネットワーク上のプライバシーを強化するための新しい変革を実行する。

今回のフォークは過去のアップグレードより複雑であることが証明されている。6日に行われた会議では、開発者は来週までに全てのクライアントが、アップデートを予定に組み入れることを期待している。既に、ネットワークで最も人気のあるクライアント、Go Ethereum(Geth)がリリースを公開している。

迫る締め切りはクライアント開発者にとって困難に思えるかもしれないが、コア開発チームは、後のリリースではアップグレードを優先させると考えている。

会議では、いくつかの問題が明らかになった。たとえば、一部のクライアント開発者が、Byzantiumを導入後の低採掘難易度に対して、ソフトウェアのテストすることを忘れてしまったという。このような状態だが、今後フォークまでの間に会議は予定されていない。緊急事態が発生した場合には対応できる体制は整えているようだが、意図しない分裂がないことを祈る。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '184.72.143.94');