Ethereum、メトロポリスへのハードフォークを9月下旬と発表

ハードフォークは、2017年のEthereum ロードマップが今年初めにリリースされた。今後のリリースではプラットフォームのいくつかの主要なアップグレードが含まれることを示している。今年の予定は、リリースを3〜6ヶ月の振り幅で示しており、9月下旬がその期限の6ヶ月にあたる。ハードフォークのタイミングは多くの人が期待していたよりも遅く、このニュースはEthereumのアップグレードを待っていた人にとっては歓迎すべきニュースだ。

アップグレード内容

新しいハードフォークは、いくつかの重要なアップグレードを可能にするはず予定だ。

まず、匿名性の向上には、新しい「zk-SNARK」または「ゼロ知識」の証明が付随する。ユーザーはいままでよりも高いレベルで匿名トランザクションを実行できる。

第2に、新しいアップグレードではプログラミングとスマートコントラクトがはるかに簡単になり、現在のプログラマーのプレッシャーを軽減する。

第3に、セキュリティマニアのためのマスキングは、ユーザーが秘密鍵を持つアドレスを決定することを可能にする。これは、量子コンピュータによるハッキングに対しても、ネットワークのセキュリティを強化できる。

最後に、アップグレードには、マイニングを指数関数的に難しくするための「Difficulty-Bomb」が含まれています。

この爆弾は、proof-of-work(PoW)からproof-of-stake(PoS)への移行の中間段階になるように設計されている。これはしばしば「Ethereum Ice Age(イーサリアム氷河期)」と呼ばれている。

予測

アップグレードによって価格が下落するかどうかは不明である。マイニングが減速するにつれて、価格が下がる可能性がある。ただし、アップグレードによってシステム全体のユーザー数が増加し、価格が上昇する可能性はある。

メトロポリスはロードマップ上の最後から2番目の停留所だ。次のアップグレードであるセレニティは、安定性の向上をもたらし、より大きな投資と価格のサポートをもたらすだろう。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '54.144.84.155');