EU、暗号通貨犯罪に対する罰則強化の動き

欧州委員会は、暗号通貨に関するサイバー犯罪に対して新しい罰則を提案するよう準備を進めている。

欧州連合(EU)の執行腕は最近のデジタル犯罪に焦点を当てた新しい法整備をする意向を示した。その計画の一部には、欧州のサイバーセキュリティ機関の創設が含まれるだろう。

この提案には、ランサムウェア攻撃を含む、サイバー犯罪に関与している人たちに対する罰を強化する計画が含まれている。

「提案された指令は、情報システムに関連する犯罪の範囲を仮想通貨による取引を含むすべての支払い取引に拡大することによって、これらの犯罪に取り組む法執行当局の能力を強化する」と委員会で述べられた。

暗号通貨に関連するEUの規制は変更の可能性がある、仮想通貨を含む犯罪を越えて拡大する可能性があり、追加の公開文書が示されている。欧州連合(EU)の「キャッシュレス支払い詐欺」の概要を明らかにした別のリリースでは、現行の法令には、技術関連の犯罪を説明するための装備がないという。

「キャッシュレス支払い詐欺の犯罪化に関する現行の規則は、2001年の理事会で枠組みの決定2001/413 / JHAに記載されている。「これらのルールは今日の現実を反映しておらず、バーチャル通貨やモバイル決済などの新たな課題や技術開発には十分に対応していないことが明らかになった。」

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '54.144.84.155');