Ripple 中国への拡大を目指

Rippleは中国への拡大を目指していることが判明した。しかしこれは容易ではありません。特にRippleは、地元の電子商取引パートナーの助けを借りる必要がある。これはまたAlibabaに関する噂が絶対に偽であることを意味する。

金融業界のあらゆる企業やプロジェクトが中国市場に参入したいと考えている。アジアンマネーは言い表せないほど莫大だ。さらに、中国国内のブロックチェーンへの高い関心を踏まえて、企業が市場参入へと名乗りを挙げるのは当然のことである。Rippleもその中の一つだが、簡単な道のりではない。

中国がグローバル決済ネットワークの主要市場であることは誰も否定できない。Rippleはそのようなネットワークを構築したいと考えており、中国市場に参入しようとしている。中国のBtoB市場は国境を越えた支払いで5兆ドルを超える。会社がそのほんの一部を得ることができれば、その会社の将来の見通しは十分明るい。そしてもっとも重要なことは、現在のところRippleには大きな競合相手がいないということだ。中国には効率的で低コストのBtoB決済ソリューションはない。

中国への拡大は、いずれにせよ全く無理な話ではない。実際、Rippleが日本で成功したことは、今後の拡大の可能性を示している。それから、Rippleのチームには今のところ中国人がいない。それはとても珍しいことである。中国企業はしばしば愛国心にこだわり、外部の人たちと簡単にパートナーシップを組むことしない。しかし、Rippleにとってはそれほど難しいことではないことは明白だ。

以前こんな話が持ち上がった。噂レベルの話ではあったがAlibabaがRippleでテストを実行したという。実際のところ事実ではなかった。しかし状況はいつでも変化する可能性がある。今のところ事実ではないという話だ。Rippleなどの企業が中国に進出しようとしていることは非常に良いことだ。グローバル規模での競争の激化は決して悪い考えではない。コンピュータに詳しくない人からも関心を集め、暗号通貨がますます発展していくことはは明白だ。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '54.144.84.155');