Segwit2x ( B2X ) 、各社の対応まとめ。

追記:Segwit2xのハードフォークは中断、延期された。詳細

Bitcoinが11月15日にSegwit2xの分岐が発生する。今回はビットコインのメインコインをどちらかに決める重要な分岐だ。つまり、現行のチェーンをメインとした場合、現行のコインをBTCと呼ぶことになり、そして新しいコインをB2Xと呼ぶことになる。また、新しいチェーンをメインとした場合、新しいコインをBTCと呼ぶことになる。今後記事内のB2Xは混乱を避けるために新しいコインのことを指す。今回も分岐の時点においてBitcoinを保有しているとB2Xが付与される。各社の対応をここで、簡単にまとめていく。

 取引所名 付与 上場 メイン 返済義務
コインチェック あり あり
ビットフライヤー
 ザイフ
GMOコイン
VALU あり
QUOINEX
ビットバンク あり あり BTC
ビットトレード あり あり BTC
ビットボックス
ビットポイントジャパン  –

曖昧な表現の取引所もあるので、詳細については、各社の案内にて。
まだコインチェックしか情報を公開していない。情報が入り次第
記事を更新していく。

11/8 追記

ビットトレード https://bittrade.co.jp/blog/segwit2x/

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '184.72.143.94');