SWELLにてティム・バーナーズ・リーが語ったこと。Ripple

コインデスクの記事によると、World Wide Webを発明したことで有名なティム・バーナーズ・リー氏が、トロントで開催されたSWELLに登壇した。

ティム・バーナーズ・リー氏はWebの創設について述べたあと、出席者にブロックチェーン産業にはまだ課題があるいい。最近のFacebookでの論争を引用して、彼が作った技術のいくつかが、意図しない方法でどのように活用されているかを述べた。

「これらのことをウェブ上に構築するには、創造の時があり、共同作業のための時間があり、結果の時間がある」と彼は語った。

「その結果について考える必要がある」

ティム・バーナーズ・リー氏は、安全な取引を可能にする技術を使って、各国の銀行がどのように未来を描いているのか、またブロックチェーンを活用した世界のビジョンと考えていることを語った。しかし、彼は、これらのアプリケーションを作成することに関心を持つ起業家は、将来について考えなければならず、その技術が人類と経済にどのように影響するかという考えに戻った。

「大きなことが起こる可能性がある」

と彼は語った。それが、悪い方向に働けば巨大な犯罪の波を作り出すだろう。

暗号通貨は麻薬取引やマネーロンダリングなどの不正行為との関連を考えると、興味深い話だ。彼はプライベート・ブロックチェーン・プロジェクトを構築する人々は注意を払われるべきだと提案した。

もちろん、ティム・バーナーズ・リー氏は、Rippleがこの目標に向かって先導的な仕事をしていることを理解している。

World Wide Web Consortium(W3C)のディレクターを務めるティム・バーナーズ・リー氏は、インターネットをオープンかつ中立に保つための標準を策定している。すでに、ブロックチェーンはW3C上で作業が進んでいる。

例えばインターネット・プロトコルの中にあるRippleは、W3Cのウェブ・ペイメント・ワーキング・グループの一部であり、技術を念頭に開発された他のAPIイニシアチブがある。

ティム・バーナーズ・リー氏によると、ブロックチェーンやそれを支える技術は、世界の問題、特にウェブ上での経験を妨げているハッカー、大金持ちや政府のスパイを解決する魔法の杖ではない。

ブロックチェインとトールにすべてを動かすことは、私たちに安心感を与えるでしょう。代わりに、ティム・バーナーズ・リー氏は、政府、規制当局、企業との建設的な協議に従事する擁護家に助言し、正当なものであれば抗議を促すことさえ助言した。

彼は最後に、「路上でバナーや看板を作り抗議し、我々はもう一度やらなければならない」と締めた。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '54.144.84.155');