SWELLにてバーナンキ議長が語ったこと。Ripple

コインデスクの記事によると、現在トロントで行われている。Rippleの世界会議であるSWELLにおいて、元連邦準備制度理事会のベン・バーナンキ議長は数百人もの出席者の前でブロックチェーンについて語った。

今回行われた会議は、リップルのライバルにあたるスウィフトが毎年主催する恒例の集まりと同じ週に同じ都市で開催された。

現在の金融プロセスを改善するために、ブロックチェーンや電子マネーなどの新技術は、適応可能な領域だ。

2008年の金融危機の中で米国の中央銀行を率いたバーナンキ議長は、ドイツの銀行が米国の銀行に支払いを行うために必要な複雑なプロセスを概説した。

バーナンキ氏は、リップル社の仕事について、コスト削減、正確性、スピード、信頼性の向上に努め、「世界経済にもっと近くい」

主に金融政策に重点を置いて語られた中で、バーナンキ議長は質疑応答のセッション中で暗号通貨とブロックチェーンについてより多くのコメントを求められたが 、2015年にかけては賞賛と批判の両方の感想を持っていた。

バーナンキ議長は、過去の声明に反して、「Bitcoinは、平和な通貨に置き換え、政府の規制と政府の介入を回避しようとする意図がある」と述べ。政府はそれを許さないので、その試みは成功しないと彼は主張している。「ビットコインが脅威になると、(政府は)何らかの行動をとる」と述べた。

彼は続けて、Bitcoinとは異なり、規制当局や政府と協力しているブロックチェーン企業は、金融システムの革新に大きな勢いを見せるだろう。シンガポール、英国、ヨーロッパを含む世界各国の中央銀行は、システムの効率化のために、ブロックチェーン技術への関心を高めている。

今月初旬、ボストン連邦準備銀行のジム・クンハー副社長は、ブロックチェーンやその他の新興企業が、現職の金融機関や仲介業者に、より革新的なアプローチを促すだろうと語った。

Bitcoinや、その他の暗号通貨、ブロックチェーンが金融政策に影響を与えるかどうか尋ねられたとき、バーナンキ議長は、それが起こってとは思わないと述べた。

しかし中央銀行はこれらの新技術を支えている。それは支払いシステムを改善するからである。とも述べた。

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '54.144.84.155');