ToTheMoon とは?

本日は十五夜ということもあり、ToTheMoonについて。マイニングサービスのToTheMoonはご存知だろうか?現在、インターネット上でお金を儲ける方法の一つにマイニングがある。ここ最近よく耳にするようになったし、実際にマイニングでお小遣いを稼いでいる人も今では少なく無いだろう。

マイニングには適切なGPUや複雑なソフトウェアをインストールするしなければならなかった。また、それなりの知識も必要だった。そこで自宅でマイニングすることにともなう危険リスクと費用を削減するために、ToTheMoon社 (Winthrop, Washington, USA)は、ToTheMoonマイニング・ファームで採掘するためのホスティング・サービスの供給を目的として、このプロジェクトを開発、発動された。

ToTheMoonプロジェクトについて

ToTheMoonは一括方式でマイニング組織サービスを供給させるプロジェクトで、利用者の費用を最小限にするため、トークン化の手順を導入している。マイニング・ファームは現在の生産力に基づいて、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)をにて175万TMTトークンを発行する。

TMTトークンとは?

購入済みのTMTトークンは、次の25年間に賃貸料金を払わず、ToTheMoonマイニング・フ
ァームの施設を利用する権利を与えらる。マイナー(マイニングのために使用する設備)の電力消費の0.5 Wになる。マイニング・ファームにてポジションを得るためには、0.5 Wを利用者の設備に使う電力消費総量相当のトークンを購入する必要がある。

TMTトークンは、いつ買えるの?

トークセールは56日間行われる。
先行販売9月5日〜19日 通常のトークンセール2017年9月20日〜10月31日。
1TMTトークンの価格は購入日の日付に応じて、0.5から1.1までのUSDになる。
ToTheMoonマイニング・ファームで採掘できる暗号通貨の種類はETH、BTC、BCH、LTC、DASH。これらの種類は改訂及び追加拡大する可能性がある。

サービスの標準パッケージに含まれているものとは?

サービスの標準パッケージは下記のものが含まれている。
• 設備の購入及び取り付け
• ToTheMoonマイニング・ファームのホスティングサービス
• 設備の整備及び修理
• パーソナルブロックチェーンの整備

ToTheMoon社は、ToTheMoonマイニング・ファームの公式ウェブサイトより購入したマイナー、または利用者自身の設備も配置する機会を提供する。
ToTheMoonの利点は、購入したトークンから整備及び電力の消費をまかなうシステムで、トークン所有者を対象にしたホスティング・サービスの最低料金は1kW/hourにつき3.5セントだ。

詳しい情報はToTheMoon プロジェクトの公式ウェブサイトへ

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '54.144.84.155');