WirexのEコインは詐欺か?スイスE-Coinを取締

スイスの金融監督当局は、Eコイン(E-Coin)と呼ばれる「偽の暗号暗号通貨」の提供業者にプロバイダーの閉鎖を命じた。

最近の規制の流れは、ビットコインや他のデジタルトークンを取り締まりの一連の動きは、中国に続き、ヨーロッパでも同様に検討されている。

欧州中央銀行の金融市場監督局(FINMA)によると、本来、必要とされる銀行ライセンスを保有していなかったとされる「偽の暗号通貨」提供業者は、少なくとも400万スイスフラン(420万ドル)もの大金を集めていたという。

FINMAは訴訟手続きを通じて偽の暗号暗号通貨」の提供業者に閉鎖させる措置も講じている。

FINMAのスポークスマンは、「一般的に、フィンテック / 仮想通貨 分野のスイス規制に関して、監督当局が現在適用している金融市場規制を適用し、規制が破られた場合に介入すると述べることができる」と述べた。

Eコインはデジタル・トレーディングAGとマルセロ・グループAGと協力し、開発され、2016年、Eコインを発行し開始した。取引は、オンライン取引プラットフォームを通じおこなわれ、2016年以降、何百万人ものスイス投資家から約400万スイスフラン(約410万ドル)を集めた。

E-コインは「暗号通貨ではない」

規制当局は、Eコインは暗号通貨と類似性を持たないと述べた。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想コインは分散元帳(ブロックチェーン)に格納されますが、「偽の暗号通貨」はローカルサーバーを介して格納されていた。

また、Eコインの実質的なトランシェが十分な資産担保を得ずに発行されたため、Eコイン・システムが投資家を犠牲する結果となったと報じられた。

FINMAは、「偽の暗号通貨」に関連する他の11の疑わしい活動を調査中であると述べている。

スイスの権威は、投資家がそのような「偽の暗号通貨」から身を守るためにウェブサイトを訪問するよう提案した。

警告リストに掲載

・よろしければTwitterのフォロー&シェアお願いします。

 

coincheck(コインチェック)ではじめる。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)ではじめる。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ga('set', 'dimension1', '54.144.84.155');